TikTokがなくなる理由は何か

「バイトダンス・テクノロジー株式会社」が運営する動画投稿アプリTikTok(ティ

ックトック)はユーザー数は20億人ともいわれていますが 今、アメリカから追放されようとしている。

ホワイトハウスでの声明は中国のアプリについて「アメリカの安全保障、外交、経済を脅かしてる」と指摘

TikTokとウィチャットの2つのアプリについては「利用者から幅広い情報を
吸い上げ、中国共産党にアメリカ人、アメリカ企業の情報が流れる恐れがある」と説明してる。

 

TikTokがなくなる理由は何か

ではなぜアメリカは強硬に出たのか

 

これはアメリカが提唱するクリーンネットワークにしようとしてる2020年8月

5日アメリカ国務長官ポンペオ氏が信用できない中国アプリをアメリカ市場から排除する新方針を発表した。

クリーネットワークの取り組み

クリーンキャリア

中国の「信頼できない通信キャリア」がアメリカの通信ネットワークに接続しないようにする。

 

クリーンストア

アメリカのモバイルアプリストから「信頼できないアプリケーション」を削除する。

 

クリーンアプリ

中国のスマートフォンメーカーが、アメリカ企業などが開発する「信頼できるアプリ」を利用できないようにする。

 

クリーンクラウド

市民のプライバシーや企業の知的財産を外国企業が盗まないようクラウドを守る。危険な中国企業として、アリババ、百度、テンセントを名指し。

 

クリーンケーブル

中国の大規模な情報収集に海底ケーブルが悪用されないよう世界と連携する。

 

アメリカ人の機密情報

クリーンイニシアチブを立ち上げ中国の監視国家からアメリカ人の機密情報を守ると明示しました。

アメリカは自由を愛する企業に参加を呼び掛けています。これまでアメリカが築きあげてきた対中規制、対中ネットワークを完成させるものと言えるでしょう。

それに先立ち7月23日ポンペオ氏は中国との対決姿勢を行う演説を行いました。その後、ウイグル問題、香港問題、海洋資源の略奪やスパイ問題など中国共産党を

アメリカの敵として連日批判してきた、スパイ問題、世界戦略で戦うことを明示する中でクリーネットワークの発表に至ったわけです。

 

今後のアメリカの5Gのネットワーク

アメリカは5Gのネットワークを発表しました。5Gのネットワークはアメリカガ指定し安全な使用を自由社会によ呼び掛けるものでした。日本ではNTT,KDD

Iの2社がそれに選定されていますがソフトバンクはその対象から外れています。4.5Gwo使ってるメーカーは直ぐにでもファーウエイなどに替えられるメーカーは

入れないことになってます。アメリカは今年の8月13日アメリカは各企業に危険な企業との遮断を求めています。

 

アメリか政府との契約は必須

これが出来ないとアメリカ政府との契約が出来なくなるわけです。これは関連企業、下請け、孫請けまで及ぶかなり厳しいもので的確に指導しなければいけない。

これは2年間の猶予期間がありますがその間に排除することによって契約を継続できるわけです。

アメリカ政府は海底ケーブルについても中国排除を明確に打ち出しています。グーグル、フェイスブック、中国企業の3社での巨大な海底ケーブルネットワークを接

続しようとしていましたがアメリカの規制当局に反対され中断していましたが当初は香港からの計画でしたがこれを台湾に変更して新しいケーブルネットワークでは

 

既に中国排除が始まっています。

 

中国の通販、ECビジネスは中国は郵便の世界の条約を利用してアメリカにただ同

然でビジネスが行われていたことがアメリカの税金を不当に搾取していたと言っている。

アメリカは万国郵便条約から脱退をによわせる形で中国の不均等な条約の是

正を求めていました。今年の秋から適切な料金がかかるように是正されました

中国とアメリカのECビジネスはかなりの部分で遮断されるでしょう。

KikTokの問題は全部組み立てることによって全部の真実が見えてきました。

国防権限法でアメリカの通信ネットワークから中国製の製品は全て排除されるでしょう。

 

まとめ

中国の全体主義的な考えがある以上アメリカの行動も理解できます日本もその方向でアメリカ

に追従していきますがどこかのポイントで世界が大きく変わるような気がします。

 

タグ:

カテゴリ:ビジネス 

ページの先頭へ